生活環境を良くするサービスを利用して工事を行うには

費用について

解体工事にかかる費用と中間マージンについて

解体工事業者と言うのは、工務店やハウスメーカーなどからの依頼により住宅の取り壊しを手掛ける業者で、依頼主との間には工務店やハウスメーカーなどの会社が幾つか入っており、下請け業者として解体工事を手掛けているケースが多く有ります。 下請け業者に発注を行う工務店やハウスメーカーは中間マージンを取るため、通常よりも高い費用をかけて解体の工事を発注しています。 例えば、直接依頼者が解体を行う業者に依頼をすれば、80万円と言う費用で解体が出来る所を、中間マージンを取るため依頼者に対しては解体工事費用を100万円で請求すると言う事になるのが中間マージンです。 20万円の中間マージンを取ることで、工務店やハウスメーカーなどは利益として計上しているわけです。

解体工事における分離発注の勧めについて

中間マージンは依頼者からしてみれば無駄な費用です。 本来80万円と言う費用で解体工事が出来るものが、中間マージンが有るため100万円と言う金額の請求が来る場合には余計に20万円を支払う事になるわけです。 最近は解体工事業者に直接発注をして、家の取り壊しと建物の設計や建築を別の会社に依頼をすると言う分別発注がトレンドになっているのです。 分離発注と言うのは、別々の業者に依頼者が発注を行う事であり、分別発注を行う事で中間マージンが無くなりますので、その分工事費用を安く済ませられると言うメリットも有ります。 分離発注なら80万円、発注を一括すると100万円となった場合などでは分離発注を行えば20万円の費用の節約が出来るわけです。

Copyright© 2015 生活環境を良くするサービスを利用して工事を行うにはAll Rights Reserved.